サステナビリティ

CSR活動方針・推進体制

企業に対する社会からの要請が常に変化しつづける中、CSRに対する基本姿勢を明確にするため、鴻池組は5つの活動方針を掲げています。

CSR活動方針

5つの活動方針

ESG経営・CSR推進体制

鴻池組は2021年、これまでのCSR委員会を中心としたCSR推進体制を見直し、ESG推進委員会を中核に据えたESG経営・CSR推進体制を新たに構築しました。ESG推進委員会は、社長を委員長、関連役員をメンバーとし、ESG経営・CSR推進における意思決定機関の機能を持つ他、SDGsに関するビジョンやCSR目標の全社的な達成度管理を行います。また、同委員会の下部組織として環境・社会・ガバナンスの3部会を設置し、各分野における諸課題について専門性の高いメンバーによる検討を行う体制としています。
さらに、新たに設置した本支店ESG推進委員会が各本支店におけるESG経営・CSRの推進主体となることで、社員ひとり一人の意識向上につなげる体制としています。

CSR推進体制
画像を拡大する。
サステナビリティトップへ