土木 2015年入社 工学研究科 市民工学専攻/土木技術部 設計技術課 大畑 拓也 /Ohata Takuya

大きな視点で物事を捉え、
人々が快適に過ごせる
豊かな社会をつくりたい。

INTERVIEW

01入社のきっかけを教えてください。

昔からモノづくりが好きで、建設業の中でも実施工に携われる仕事に就きたいと考えていました。大学院1年の時に、インターンシップで初めて鴻池組の方々と接して、社員同士の風通しの良い雰囲気や、本音で話してくれる実直な姿を見て、この会社に入社したいという気持ちが強くなりました。また、目に見えるモノを作る達成感と共に、大勢の人と一緒になって仕事をする連帯感を肌で感じられる職業に魅力を感じ、入社を決めました。

02どこに仕事のやり甲斐や魅力を感じていますか?

土木技術部に所属し、公共工事における設計に間違いがないかを確認する業務などに携わっています。確認業務では、当初計画されていた施工条件・計画と異なる状況が発生した際、構造物や周辺地盤への影響が無いかを確認し、現場の条件に見合った詳細検討・図面作成を行い、発注者へ説明を行うまでが、私の業務です。この仕事は、多くの人と関わりながら一緒になってモノづくりの醍醐味を味わえることが大きな魅力だと思います。

03仕事で出会った人達との印象に残ったエピソードを教えてください。

施工管理をしていた頃、協力会社の方へ、日々の状況に応じて変更するポイントについての確認を行っていたのですが、当初は意見が合わないことも多くありました。少しずつ現場に慣れ、全体が見えてきて気付いたことが、相手の立場をまったく尊重できていなかったことです。しっかりと意見を聞くように心掛けすると、徐々に相談されることも増え、助けられる機会も増えました。工事を円滑に進める上で、何が大切かを学んだ貴重な経験になりました。

04社風や職場の雰囲気にはどんな特徴があると思いますか?

入社前に感じていた、非常に風通しが良い会社だという印象は今も変わりません。何事も困ったときにはさりげなくフォローしてくださり、打ち合わせや進捗確認の際に疑問点を相談できるような雰囲気が部署全体にあります。また、最近の働き方改革の流れに沿うように、より業務の効率化や手戻りの無い体制作りを意識して全員が業務を行っており、先輩方の目の行き届いた環境下で安心して業務に励むことができています。

05入社後、自身のどんな部分が成長したと感じますか?

入社時は、図面を見ただけでは、どのような現場にするべきかを想像できずにいました。その後、長い時間をかけていくつもの工種検討を実施していく中で、色々な設計内容や施工時の工夫に触れていたおかげで、今では、他の現場の図面を見た際に、自然と施工状況のイメージができるようになりました。入社時の多くの経験や苦労が生きているなと、今、実感しています。

06今後の目標や挑戦したいことを教えてください。

今後は、増加傾向にある設計施工案件の工事に参画したいと考えています。そのためには、発注される方の意見や考えを良く聴くこと。そして、豊富な知識を蓄え、さまざまな現場での工夫を見聞きしながら、自己研鑽を続け、信頼を得られる技術者になるのが目標です。ひとつずつの仕事を積み重ね、いつの日か、多くの人にとって快適な構造物を手掛け、より豊かで安全な社会づくりに貢献できるようにがんばりたいと思います。

1 DAY SCHEDULE ある1日のスケジュール

  1. 8:30
    出社、メールチェック
  2. 8:45
    施工検討資料作成
  3. 10:00
    図面作成
  4. ランチ

  5. 13:00
    社内ミーティング
  6. 14:00
    構造解析及び図面作成
  7. 16:00
    施工部門との打合せ
  8. 17:00
    官公庁提出書類作成
  9. 19:00
    退社
一覧へ戻る