CSR

5つの活動方針

  • コンプライアンスの徹底とガバナンスの強化
  • 働きがいの向上
  • CR活動によるお客様との共有価値の創造
  • 地域会社との融和
  • 環境負荷の低減と環境関連技術の錬磨

働きがいの向上

関連する
SDGs項目
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も

建設業にとって喫緊の課題となっている「ワークライフバランス」と「ダイバーシティ」の推進について、鴻池組ではそれぞれ専門プロジェクトを立ち上げ、各種制度の整備やICTの活用による課題解決に着実に取り組んでいます。

働き方改革

鴻池組においては個人のさまざまな事情に合わせた多様な働き方を選択できる制度づくりによって、『生涯を通じて活躍できる労働環境』の確立を目指しています。また鴻池組は、社員一人ひとりがやりがいを感じ、心身ともに健康で永く働き続けられるよう、「働きがい」と「居心地の良さ」に溢れる、人が集まってくる企業となることを目指しています。

同時に建設業界全体が抱える深刻な課題である、技能労働者の高齢化と新規入職者の減少による次世代の担い手不足を解決するため、鴻池組とともに仕事をする方々の働き方改革を支援し協働しています。これにより、魅力に満ち働きたくなる業界となることを目標に『働き方改革』を進めています。
この『働き方改革』を通して企業価値を高め、さらにお客様と社会に貢献していく考えです。

鴻池組が目指す働き方

鴻池組においては、『働く』ということをあらゆる角度から見つめ直してきました。ワークライフバランスの実現のためには、「時間外労働を前提としない働き方」とそれを「実践できる人材」が必要であると結論づけ、「制度改革」と「人材の育成」に力を注いでいます。

ワークライフバランス達成の先にある、真のダイバーシティとインクルージョンを獲得し、イノベーションに結実させていくことを目指し、その取り組みを進化させています。

また建設業界全体の働き方改革を推進していくために、CCUS※導入の推進、4週8閉所実現に向けた適正工期確保への取り組み、協力会社グループと一体となった現場生産性の向上など、鴻池組を取り巻く周囲を巻き込んだ働き方改革を進めています。
※CCUS:建設キャリアアップシステム

働き方改革
有給休暇取得率

年次有給休暇の上積み付与制度導入

鴻池組では、働き方改革の一環として2019年4月1日に年次有給休暇制度を改正し、入社1年目を含む全職員に対し年20日間の有給休暇付与を行いました。
旧制度では入社6年目までの職員に対しては年次有給休暇の年間付与日数が上限の20日間に満たず、特に新入社員は初年度の付与日数が10日であるため個々のプライベートに応じた取得が難しい状況でした。今回の改正により、新入社員を含めた全職員に対して年間20日の年次有給休暇を付与することで、病気やケガに備えて取得を控えることなく心身のリフレッシュのための休暇をより多く取得できる環境を整えました。

年次有給休暇の取得日数

ダイバーシティの推進

鴻池組では、中期経営計画(2019-2021)における基本方針として、3つの柱を掲げており、その一つを「人材の能力開発促進」として「多様な人財の創出と活用」を目指しています。取り組みとしては、2016年10月に発足した「ダイバーシティ推進体制構築プロジェクト」を中心に制定した「ダイバーシティ推進方針」に基づき、全社的な推進活動を行っています。
具体的には、下記事項につき制度の拡充や改良を行いました。

くるみん
  • ● 子育て支援のための制度拡充と利用の促進(2018年3月くるみんマーク取得)
  • ● 再雇用制度の改正(雇用期間の見直しと処遇の改善等)
  • ● 在宅勤務の試行(テレワークの推進)
  • ● 全管理職を対象としたダイバーシティ研修の実施(方針の理解と実践)

また、女性総合職の採用(2019年4月/目標10%以上に対し15%見込)と、女性管理職の登用を積極的に進めており、女性活躍推進にも継続的に取り組んでいます。

これからも、個人の能力を最大限発揮できる場を提供しながら、多様な人財の活躍を後押しすることでイノベーションの創出に繋げ、更なる企業価値の向上を目指していきます。

鴻池組のダイバーシティ推進方針

鴻池組は、多様な人財を創出し、若くて強靭な組織構築を通じて、企業価値の向上を目指すために、ダイバーシティを推進していきます。

障害者雇用率
女性総合職採用率
CSRトップへ