企業情報

コーポレート・ガバナンス

コーポレートガバナンス体制

取締役会は9名で構成されており、機動的な人事を行うために任期を1年としています。同会では経営計画や重要な組織変更などについての意思決定を行っています。

経営会議は、会社経営に関する重要事項の審議を行うとともに、各本部長およびその他の業務執行責任者が会社の業務執行に関して意見を述べる場として定期的に開催されています。こうした経営層の意思疎通を欠かさぬことで、バランスの取れた経営判断を行う体制としています。

業務監査室は業務運営の監査・モニタリングや改善指示などを、CR・CSR推進部はCSR推進体制の改善を行っており、それぞれ各総轄本部および事業組織からは独立した部門となっています。

監査役は4名で、年4回および必要に応じ随時開催される監査役連絡協議会では、監査方針の決定、会計監査人からの報告聴取、必要に応じて取締役などからの報告聴取を行うとともに、監査結果などについて監査役相互に意見・情報交換を行っています。

コーポレートガバナンス体制
画像を拡大する。

内部通報制度

鴻池組グループにおける法令、会社規定等の違反行為を防止し適切な対応を図るために、下記(3)の内部通報・相談窓口を設けています。

  1. (1)通報及び相談できる方
    内部通報及びこれに関する相談をすることができる方は、鴻池組グループの役職員、並びに鴻池組グループの取引先の役職員です。
  2. (2)通報者等の保護
    通報者及び事実調査の協力者に対して、内部通報もしくは相談を行ったことを理由として、いかなる不利益な取扱いも行いません。また、通報者の特定につながりうる情報を本人の同意なく第三者に開示しません。
  3. (3)通報・相談の窓口と方法
    内部通報及び相談は、次の宛先への電話、電子メール、書面または面会により行うことがきます。

≪内部通報・相談窓口≫
株式会社鴻池組 業務監査室内 内部通報・相談窓口

541-0057
大阪市中央区北久宝寺町3-6-1
06-6245-6547(直通)
🖂
helpline@konoike.co.jp
企業情報トップへ