本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

鴻池組ものづくり日誌日々研鑽

(仮称)江の川トンネル工事

(仮称)江の川トンネル工事

ミッシングリンクの解消へ   (地域活性化のために)

2013年08月27日

江津市は島根県西部石見地方に位置し、中国地方随一の江の川が南北に流れ、その河口を中心に開けた街です。当社は、一般県道浅利渡津線のバイパス事業約5kmの路線のうち、(仮称)江の川トンネルL=1,320mを含む延長1,344mを施工しています。

浅利渡津線のバイパス事業は、国道9号線から江津工業団地へ直結する道路であるとともに、国道9号を補完する道路として、平成20年代後半の開通を目標に整備が進められています。
このバイパスが完成することで、江津工業団地へのアクセスが飛躍的に向上するとともに、山陰道の未整備部分(ミッシングリンク)の解消によって、江津市のみならず石見地域全体の活性化に寄与するものと期待されています。 

当工事は、平成24年6月に着工し、トンネル掘削は平成24年9月の掘削開始以来、長い地山不良区間の連続、また一部で断層破砕帯や集中湧水に遭遇しながらも、順調に進捗しており、平成25年内での貫通を目指して頑張っています。平成25年3月からは覆工コンクリート工に着手しており、1打設長10.5m、週3回のペースでコンクリートを打設しています。今後、トンネル掘削及び覆工コンクリートの完了後に、地下排水工、側溝工及びコンクリート舗装工の施工と順次工事を進めていきます。 

 

このプロジェクトに関するニュースリリース

このプロジェクトに関するニュースリリースはありません。

 

工事名称 (一)浅利渡津線 渡津工区 社会資本整備総合交付金(改良) (仮称)江の川トンネル工事 
工事場所 島根県江津市松川町太田~渡津町地内 
発注 島根県 
施工 (株)鴻池組
設計 島根県(中電技術コンサルタント(株)) 
管理 島根県 浜田県土整備事務所 
工期 平成24年3月17日~平成27年3月31日 
構造・規模等

工事延長:L=1,344m 
トンネル延長:L=1,320m、内空断面積:A=65.2m2、幅員:W=10.75m 
トンネル掘削工:V=106,167m3(NATM、発破掘削) 

ずり処理工:V=105,150m3、インバート工:L=272m 

防水工:A=28,370m2、覆工コンクリート工:V=8,509m3 

坑門工:2箇所、地下排水工:一式、側溝工:一式 

コンクリート舗装工:A=13,294m2

道路改良(起点側、終点側):一式  

防水工:A=28,370m2、覆工コンクリート工:V=8,509m3 防水工:A=28,370m2、覆工コンクリート工:V=8,509m3 防水工:A=28,370m2、覆工コンクリート工:V=8,509m3  

 

このページの上部へ