本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

多賀城市東日本大震災に係る災害等廃棄物中間処理業務

所在地 宮城県仙台市宮城野区港四丁目10-1
発注 宮城県多賀城市
構造・規模

中間処理施設面積 32,000m2
    
     【処理施設概要】   
      混合廃棄物中間処理施設        2ライン(処理能力 146t/ライン日)
      廃木材中間処理施設             2ライン(処理能力 70t/ライン日)
      粗大可燃中間処理施設           1ライン(処理能力 42t/ライン日)
      津波堆積物中間処理施設       1ライン(処理能力 672t/ライン日)
      コンクリートガラ中間処理施設    1ライン(処理能力 532t/ライン日)

 

     【廃棄物処理量】                                                     

      混合物                  26,660 t         

      廃木材                    9,675 t         

      可燃系粗大物          3,622 t         

      津波堆積物             60,178 t         

      コンクリートガラ         42,041 t         

      表土                         1,158 t         

          処理量 計         143,334 t          

 

        リサイクル率(重量比)  80 %

業務完了年月 2012年12月

工事概要

仙台市の北東に位置する多賀城市は平成23年3月11日に発生した東日本大震災の津波により市の約1/3が海水に浸かるなど甚大な被害に見舞われた。この震災で発生した廃棄物の一次仮置場の周辺環境悪化防止、宮城県が設置する二次置場(仮設焼却施設)への負荷縮小、災害廃棄物のリサイクル向上、運搬・処理コスト等の縮減を図ることを目的としたプロポーザル(技術提案)が実施され、廃棄物の一次仮置場からの運搬・中間処理等の業務を当社が受託した。

業務内容は「早期撤去」と「リサイクル向上」を基本とし、①災害廃棄物の一次仮置場(市内4ヶ所)からの運搬、②中間処理・保管、③分別処理後の適正処分であり、被災自治体の中でもっとも早く完了し、リサイクル率は80%以上を達成した。

関連技術

関連トピックス

このページの上部へ