本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

岩盤高止水 動的グラウチング工法

本工法は、ダム基礎処理や岩盤空洞の止水工事において、グラウト注入時に注入圧力を脈動させることにより、改良効果と注入効率を向上させる技術です。グラウト工事の品質向上・コスト縮減が可能となります。

原理

動的グラウチングシステム

特徴

改良品質の向上

亀裂中での目詰まりを抑制できるため、セメントやベントナイトなどの注入材料をより多く空隙に充填できます。これにより、従来工法に比べて改良強度や止水性などの改良品質が向上します。

施工効率の向上

従来工法に比べて、注入効率(単位時間当たりのセメント注入量)が向上すること、より広範囲への注入が可能なことから、施工効率が向上し、工期短縮およびコスト低減を図れます。

用途

問合せ先

(株)鴻池組 土木事業本部 技術統括本部 土木技術部
 大阪 TEL 06-6245-6567
 東京 TEL 03-5617-7792
 

こちらからPDFがダウンロードできます

  

このページの上部へ