本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

年次有給休暇に上積み付与制度を改正導入
-働き方改革を促進しワーク・ライフ・バランスを実現-

2019年04月11日  リリース[その他]

株式会社鴻池組(大阪市、社長 蔦田守弘)は、2019年4月1日、働き方改革の一環として年次有給休暇制度を改正し、入社1年目を含む全職員に対し年20日間の有給休暇付与を行うこととしました。

旧制度では入社6年目までの職員に対しては年次有給休暇の年間付与日数が上限である20日間に満たず、特に新入社員は付与日数が10日であるためプライベートに応じた取得が難しい状況でした。今回の改正により、新入社員を含めた全職員に対して年間20日の年次有給休暇を付与することで、病気やケガに備えて取得を控えることなく心身のリフレッシュのための休暇をより多く取得出来ることとしました。

当社では働き方改革に向け、「より良い働き方」のみならず「より良い休み方」との両輪をバランス良く整えて働き方を改革していく必要があると考えています。今回の改正により、年次有給休暇のさらなる取得増加を促し、ワーク・ライフ・バランスの実現による生産性向上を目指します。

以 上

このページの上部へ