本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

「建設技術展2017近畿」、
「建設技術フェア2017in中部」に出展します

2017年10月12日  お知らせ[お知らせ]

当社は、「建設技術展2017近畿」および「建設技術フェア2017in中部」に出展します。
本年度は、i-Constructionを主眼として、新型水中掘削機により異形断面の立坑掘削に対応可能となった「自動化オープンケーソン(SOCS)工法」、ロックボルトやフットパイルの穿孔誘導技術、穿孔データ自動取得機能、CIMへの出力機能などの新機能を付加した統合せん孔支援システム『ドリルNAVI』(NETIS:KK-160012-A)を出展します。その他、最新のICT技術を活用した事例としてAR(拡張現実)技術を活用したトンネル維持管理システムなどの展示を行います。
皆様方のご来場をお待ちしております。

 

建設技術展2017近畿 

会   期  2017年10月25日(水)9:00~17:00・10月26日(木)9:00~16:30
会   場  マイドームおおさか(大阪府大阪市中央区本町橋2-5)
主   催  日刊建設工業新聞社、(一社)近畿建設協会 
プレゼン

10月25日(水)15:00~15:30

ITを活用した水中下での効率的な掘削技術
-自動化オープンケーソンによる大深度立坑の施工-

そ の 他  入場無料  

*当展示会の詳細につきましては、ホームページをご覧下さい。   

 

建設技術フェア2017in中部 

会   期  2017年10月18日(水)9:00~17:00・10月19日(木)9:00~16:30
会   場  吹上ホール(愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3)
主   催  国土交通省中部地方整備局、名古屋国際見本市委員会
そ の 他  入場無料  

*当展示会の詳細につきましては、ホームページをご覧下さい。   

 

当社出展内容
 パネル展示
  ○余掘りゼロを目指して「統合せん孔支援システム『ドリルNAVI』」
  ○ICTで大深度立坑を安全に構築「自動化オープンケーソン工法」
  ○ウェアラブル端末で施工データを現場で確認「AR技術を活用したトンネル維持管理システム」

 

このページの上部へ