本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

鴻池組の歩み

1871(明治4)年 鴻池忠治郎個人創業。建設業ならびに運輸業を営む。
1898(明治31)年 淀川改良工事に従事。
1900(明治33)年 日本鋳鋼所(後の住友鋳鋼場)鋳物工場を請負う。
1908(明治41)年 明治専門学校(現九州工業大学)校舎を受注。
若松(現北九州市)に出張所を開設。
1910(明治43)年 伝法鴻池本店(洋館)、完成。
福岡医科大学学舎(現九州大学)、完成。
1915(大正4)年 東京出張所開設。
1916(大正5)年 富士製紙(現王子製紙)江別工場を受注。
1918(大正7)年 株式会社 鴻池組を設立。資本金100万円。
鴻池忠三郎が取締役社長に就任。
名古屋出張所開設。
1920(大正9)年 今市町(現出雲市)に出張所を開設。
1923(大正12)年 早川第一発電所、完成。
1925(大正14)年 大阪で初めての鉄筋コンクリートアーチ橋 戎橋、完成。
1928(昭和3)年 広島市庁舎、完成。
1931(昭和6)年 英国大使館官邸、完成。
1933(昭和8)年 東京市中央卸売市場、完成。
1938(昭和13)年 市ヶ谷陸軍士官学校、完成。「社是三則」を定める。
1940(昭和15)年 鴻池小六が取締役社長に就任。
1944(昭和19)年 鴻池藤一が取締役社長に就任。
1945(昭和20)年 軍需会社法により運輸部門を分離独立させ、鴻池運輸株式会社を設立。
当社は建設業専業となる。
1958(昭和33)年 京都市蹴上浄水場、完成。
1966(昭和41)年 六甲山トンネル、完成。
1968(昭和43)年 本社・本店社屋「鴻池ビル」完成、移転。
1970(昭和45)年 有芳園西館、完成。
1972(昭和47)年 技術研究所を大阪市此花区に設置。
鴻池藤一が(社)全国建設業協会会長に就任。
1973(昭和48)年 横須賀電気通信研究所、完成。
1975(昭和50)年 第1回技術研究発表会開催。
1976(昭和51)年 安田火災海上本社ビル(JV)完成。
1977(昭和52)年 名古屋市博物館、完成。
1978(昭和53)年 本社・本店社屋「鴻池ビル」新館完成。
東京支店社屋「東京鴻池ビル」完成、移転。
1979(昭和54)年 佐野市文化会館、完成。
1981(昭和56)年 日本銀行松江支店、完成。
1984(昭和59)年 名古屋支店社屋「名古屋鴻池ビル」完成、移転。
1985(昭和60)年 鴻池藤一が取締役会長に就任。
鴻池一季が取締役社長に就任。
1987(昭和62)年 名古屋市美術館、完成。
1990(平成2)年 資本金100億円となる。
1994(平成6)年 大阪府立 近つ飛鳥博物館、完成。
1995(平成7)年 阪神淡路大震災復旧工事に活躍、淀川左岸に新堤防を築造。
名港西大橋(下部工)、完成。
1997(平成9)年 技術研究所をつくば市に移転。
ISO9001を大阪本店、東京本店で取得。
1998(平成10)年 ISO9001を名古屋支店で取得。
島根県立美術館、完成。
1999(平成11)年 田島ダム東京国立博物館 平成館東京芸術大学大学美術館、完成。
2000(平成12)年 ISO9001を広島支店・山陰支店・九州支店・東北支店・北海道支店・海外事業部で取得。
ISO14001を名古屋支店で取得。
2001(平成13)年 ISO14001を大阪本店・東京本店・広島支店・山陰支店・九州支店・東北支店・北海道支店・海外事業部で取得。
2002(平成14)年 資本金200億円となる。
和歌山県橋本市でジオメルト工法による全国初のダイオキシン大規模現地処理。
国立国会図書館 国際子ども図書館(内観外観)・泉ガーデン、完成。
2003(平成15)年 株式移転により完全親会社である鳳ホールディングス株式会社を設立。
その完全子会社となる。
大岩祥一が取締役社長に就任。
ISO9001登録証の全店統合完了。
2005(平成17)年 ISO14001登録証の全店統合完了。
2006(平成18)年 玉井啓悦が取締役社長に就任。
2007(平成19)年 大阪本社・大阪本店を大阪市北区に移転。
東京本社・東京本店を東京都江東区に移転。
2008(平成20)年 蔦田守弘が取締役社長に就任。
2013(平成25)年 大阪本社・大阪本店を大阪市中央区に移転。
COHSMS(建設業労働安全衛生マネジメントシステム)を東京本店・名古屋支店で取得。
2014(平成26)年 COHSMS(建設業労働安全衛生マネジメントシステム)を全店で取得。

このページの上部へ