本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

鴻池組

コーポレート・ガバナンス

取締役会は9名で構成されており、機動的な人事を行うために任期を1年としています。同会では経営計画や重要な組織変更などについての意思決定を行っています。
経営会議は、会社経営に関する重要事項の審議を行うとともに、各本部長およびその他の業務執行責任者が会社の業務執行に関して意見を述べる場として定期的に開催されています。こうした経営層の意思疎通を欠かさぬことで、バランスの取れた経営判断を行う体制としています。
業務監査部は業務運営の監査・モニタリングや改善指示などを、CSR推進部はCSR推進体制の改善を行っており、それぞれ社長室に属し、独立した組織となっています。
監査役は4名で、年4回および必要に応じ随時開催される監査役連絡協議会では、監査方針の決定、会計監査人からの報告聴取、必要に応じて取締役などからの報告聴取を行うとともに、監査結果などについて監査役相互に意見・情報交換を行っています。

コーポレートガバナンス体制

※コーポレートガバナンス
一般に「企業統治」と訳されます。経営者の暴走を監視し、意思決定の透明性を高めるなど、経営を最適に制御することをいいます。

このページの上部へ